2013年5月アーカイブ

スマホの壁紙に、これまでは3月のハワイで撮った海の写真を使用していましたが、

最近思い立って変更しました。

 

選んだのは、これもハワイで撮った自分の影の写真。

壁紙はあまりゴチャゴチャしてない方が見やすいと考えて、

シンプルなこの写真を選びました。

 

最近スマホを操作していたら、背景の影を自分の本当の影と錯覚してビックリ。

一瞬、そのリアルさにドキッとしました。

 

(休和閑題、弱肉強食、焼肉定食、意味不明...)

 

旧)壁紙

 KIMG0373.JPG

 

新)壁紙
KIMG0377.JPG

そう言えば、5/8(水)にココペリ亭にDRIED BONITOのライブを見に行ったのに

本HPに何のコメントも載せていないのを思い出しました。

DRIED BONITOのギタリスト潮田さんは、7/20(土)に単独で当店での

インストアライブに参加頂く予定なんですよ。

 

と言う事で事前調査も兼ねてココペリに参ったのですが、参った。

素晴らしく気持ちいいボーカルとこれまた気持ちいいギター。

 思わず、DRIED BONITOでもインストアライブに参加して頂けないかお願いしてしまった。

 

この場で購入した「Skipjack」と言うアルバムがこれがまた良いんです。

気持ちいいギターの音とボーカル(繰り返してしまう)にバラエティーに富んだ楽曲。

「誰が曲作ってんだ」と気になって確認してみると、

何と、ヤスヨさん潮田さん共に曲作られるんですね。

参った。

 

DRIED BONITO、味わい深し。

 

 

昨夜野暮用があり、ベイクォーターに行きました。


その帰り、夕食にハワイアンバーガーでもと思ったのですが、

ディスプレイを見た瞬間、ハワイでは食べられたサイズがどうにも食べられそうにない。

 

仕方なく、横浜家らーめんに行きました。

そこで選んだのが、ニンニクラーメン。

これが丸ごとニンニクが7〜8個+刻みニンニクも入ったエグイやつ。

 

と言うことで、本日ご購入の場合は漏れなく特別限定ニンニク風味つき

ヴィンテージ or ユーズドギターとなります。

 

月曜日から、失礼しました。

 

(風邪でも花粉症でもないけど、今日はマスク必要かなぁ。)

 ... 帰りの電車にて、原稿作成。

5/18(土)に行われたAKI&星文昭インストアライブ。

星さんの実に気持ちいいギターの音とAKIさんの圧倒されるような独特な世界。

貴重な体験に感激しました。

 

と言う事で、まずは速報でブログに記載しました。

後日、ライブの追加写真等を掲載予定です。

 

AKI LIVE.jpg星 LIVE.jpg

お客様からの熱烈なラブコールにお応えして、SPRUCE開店前の2/23に引き続いて去る5/3(金)祝日に

堀尾和孝さんのインストアライブを開催致しました。

 

前回は当店の告知も不慣れで空席もありましたが、今回は満員!!

前回も披露して頂いたいくつかの曲の再演に加え、今回新たに用意して頂いた「与作」他の楽曲や

「おさわり」リクエストコーナー等で一段二段もアップの盛り上がりでした。

 

また、当店のMartin J-40(Gibsonではありません)も演奏して頂き、「こんなギターがあるんだ。

良いギターですね。」とお褒めのお言葉も頂きました(本ギターを演奏しているのは、3枚目の写真です)。

堀尾さん、ありがとうございました。

 

因みにこのギター、ボディーサイズはOOO(トリプルオー)相当ですが厚みはドレッドノート並み、

鳴りはドレッドノート以上?と言う知る人ぞ知る優れものです。

入荷間もなくまだHPの商品リストに掲載しておりませんが、近日中に掲載予定ですので乞うご期待!!!

 

ストラップに輝く、「酔弦」の文字。

堀尾さん1.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

 

会場は、お客様で満員です。

堀尾さん2.JPG

 

Martin J-40を手にして、なんか嬉しそう。

堀尾さん3.JPG

はじめてのウクレレ 購入のポイント

楽器の良し悪しは使用している木材の質(音質・音量に影響)、
フレット(指板上にある金属棒で音程を変えるもの)や
ペグ(弦巻き)に加えいかに弾きやすいか?
このすべて良い条件がそろっていないとせっかく買っても楽しくなくなり
続かなくなってしまいます。

そのためには様々な種類や沢山のメーカーの楽器を念入りに調べ、
知識ある人に相談すれば良いのですが中々そんな時間もありません。

そこで私たちは専門家として貴方様の楽器選びをお手伝い致します。

上級者やプロが使用する楽器に加え、今回入門用のシリーズを厳選してご案内致します。

価格はお手ごろに設定しつつ、愛器として永く使えるよう、また上級者も満足できるよう、
弦にまでこだわって仕様変更を施しました。

さらに今日からすぐ使えるようケースやチューナー(調弦器)まで
すべてセットにしてのお届けです。良い楽器もメーカーによって個性が違います。

数種類を店頭にそろえてありますので先ずは触って音色を聴き、
貴方様の琴線に触れた機種をお選びいただけるようにしました。

これらはすべて手作り新品で一本ものという楽器もあります。

どうぞ在庫お問い合わせの上ご来店下さい。

ウクレレ選び

<サイズ

まずサイズを知りましょう。基本的には大中小3つのサイズがあります。

ソプラノ:
最もスタンダードで基本となるサイズです。
歌って弾くタイプでまず一本目目はこれです。
コンサート:
ボディが一回り大きくなり、ネックも長くなります。
ウクレレにハマッた!と言う方の2本目になります。
またギター経験者や指の長い人、ソロを弾きたい方の一本目にもよいでしょう。
テナー:
コンサートより一回り大きくなり音量も増し低音も深くなります。
その分重量も増えます。グループでのバッキングからソロで威力を発揮します。

<材質>
選択1:
ハワイの楽器ですのでボディに使用する木材もハワイ産(コア材)が
当店ではここは外せません。コロコロと乾いた明るい音色が特徴です。
多くの 1万円以下の楽器はベニヤ板です。
選択2:
ボディ材をマホガニー やわらかく温かみのある音色ですが抜けもいい感じです。
低音から高音全体のバランスが良く安定しています。
マイクの乗りもいいのでライブやレコーディングに適しています。

<弦巻き(糸巻き)>

安く玩具的なウクレレはまずここが弱く、調弦しづらかったり弾いていて狂いやすく、
結果やる気を削いでしまう元凶です。当店では糸巻きタイプよりギターのような
機械式巻きを中心にご用意しています。
モノによっては特注で機械式に交換して販売しているくらいこだわっています。

1