2013年6月アーカイブ

この盛り上がりは、なんだ。

 

高田エージ彼自信が凄いのか、アスパラの聴衆が凄いのか。

はたまた、ただ運が良かったのか...。

今夜の盛り上がりは、ただものではなかった。

 

全員が声を張り上げて歌う。

これが、気持ちいい。

アーチストと聴衆の距離感(近くても)と盛り上がり(解放感)。


高田エージの歌声が、また気持ちいい。

この方、普通に話す声もかなり魅力的。

結局、ステージのはじめから終わりまであっとという間だった。

 

高田エージ、史上最強。

 

 KIMG0651.JPG

  ボケた写真で、ごめんなさい。(盛り上がり過ぎた!!)

財政難を伝えられる神奈川フィルハーモニー管弦楽団。

先日、その公開リハーサルを見て来ました。

 

場所は、かながわアートホール。県立保土ヶ谷公園内にあります。

当日は生憎の雨でしたが、以前もらったマリノスかっぱを着込み万全の態勢で出かけました。

 

店舗の定休日だったのでのんびり気楽に鑑賞しようと考えていたのですが、

いざリハーサルが始まるとびっくり。

その真剣さと緊張感に思わずこちらも集中してしまいました。

 

リハーサルを見ながら特に興味を持ったのは、指揮者の凄さ。

楽曲をよく理解していなければならない事はもちろん、

各楽器の事も深く理解していなければ問題点を指摘できない。

それに加え自分が何をどのように表現したいかをはっきり持っていないと

指揮者は務まらないんだなあ、と肌で感じました。

 

コンサート当日タクトを振る事の何倍も何十倍もリハーサル段階でやることがあるんですね。

スポーツ観戦とかをしても、試合前の練習の方が興味ある事がありますが、

オーケストラのリハーサルは、更に何倍も見る価値ありとわかりました。

 

余談ですが、リハーサルのブレイクで抜け出しそのまま帰る事に。

ただ、お昼だったのでアートホール内のレストラン「エコーナイン」で昼食を頂きました。

 

メニューをみると、定番の料理もとてもおいしそうだったのですが、

その中に「ゴマ汁定食¥600(名称違うかも)」と言う記述を発見。

他では味わえないのではと、注文してみました。

 

すると、これがゴマ好きにはたまらない美味。

ご飯にゴマ汁と付け合せ(コロッケに野菜)と言うシンプルな組み合わせなのですが、

ご飯が進み思わずおかわりしてしまいました。

 

と言うことで、収穫の多い定休日でした。

6/23(日)に、待望の関口祐二さんのライブをアースリーパラダイスにて、SPRUCE主催で行う事が出来ました。

 

クラシックギターのナイロン弦の柔らかく心地良い音と、高度なギターテクニックに酔いしれました。

これまでのアコーステックライブに比較すると、落ち着いた雰囲気で大人の香りがする、実に魅力的なライブでした。

 

メインはナイロン弦でのJAZZの楽曲でしたが、お客様のウクレレで演奏頂いた多くの方に馴染みのある楽曲や

当店のギターでの演奏ではビートルズ等のポピュラー曲も披露して頂きました。

 

SPRUCEに現在あるアコースティックギターは、スチール弦のみ。

関口さんがお持ちになったナイロン弦から持ち替えての演奏は難しいところもあるはずですが、2台も演奏して頂きました。

関口さん、ありがとうございました。

 

演奏して頂いたのは、MartinのOOO-28 Custom(商品情報: http://www.spruce-guitar.com/product/martin/m08.html)と

J-40(商品情報: http://www.spruce-guitar.com/product/martin/m10.html)。

ドレッドノートのD-18Authentic(商品情報: http://www.spruce-guitar.com/product/martin/m04.html)もお持ちしましたが、

少し小ぶりのギターの方がお好みなんですね。

 

関口さんの魅力的なライブの後にも、7/20(土)にフィンガーピッカーの潮田和也さん、8/25(日)には堀尾和孝さん(三度ご登場!!!)等、

素晴らしいミュージシャンが続々登場します(いずれも、会場はアースリーパラダイス)。

 

今後とも、宜しくお願いします。

 

楽曲、演奏と共にMCも落ち着いた雰囲気で、大人の世界。

 KIMG0640.JPG

 

あまりの高度なテクニックの速弾き?で、左手の指が見えない!!

KIMG0644.JPG

 

ご自分のギターを演奏されている時(1枚目の写真)とは、ギターの抱え方が少し違うんですね。

KIMG0646.JPG

 

ウクレレ演奏時の写真がうまく撮れてなくて、公開出来ませんでした。 ごめんなさい <( _  _ )>

6/1に新しく開店した元町<Earthly Paradise>https://www.facebook.com/motomachi.divine

その一画?をお借りして、SPRUCE主催でsatchikaのライブを開催。

 

当日は、satchikaのファンの方々をはじめ弊店舗のある港南台周辺の方々までお見えになり、

アンコールの合唱やアルコールのおかわりも頻発の盛り上がり。

おじさんの「可愛い~!!」の声援が、GOOD TIMING !! でした。

 

satchikaのおふたりには、SPRUCE厳選のエレアコ2本をライブの初めから終わりまで演奏して頂きました。

慣れないギターで1ステージ、ありがとうございました。

 

演奏して頂いたギターは、Martin D-42 CustomとTakamine Santa Fe TSF40Cの2本。 

D-42は、トップ材がイングルマンスプルースでネックがマホガニーという優れもの。

これにより倍音が豊かで低音がドカーンと出ます。

Santa Feは、海外専用モデルでしかも既に生産終了の貴重品。

Takamineには珍しく?生音も良く鳴ります。

 

両モデル共にPICK UPが素晴らしく、PLUGGEDの音も見事。

Santa Feはプリアンプ内蔵で使いやすく、satchikaさんも早速使いこなしておられました。

 

D-42の詳細は下記のショートカットから、Santa Feは近々ホームページ掲載予定なので少々お待ち下さい。

 

 Martin D-42 Custom : http://www.spruce-guitar.com/product/martin/m02.html

 

 

 片やカメラ目線?、片や真剣にVocalに没頭し、対照的。

satchika1.JPG

 

 おや、おふたりとも真剣。

 satchika2.JPG

 

 ライブも佳境。躍動感が増して、盛り上がってきたぞ。ところで、手前のテーブル上のビールは誰のもの?

satchika3.JPG

 

 ライブ終了後も、ギターを離さない!!? もしかして、気に入ったのかな。

satchika5.JPG

 

 気に入って頂いて、ニッコリのMartin D-42 Custom。

D-42.JPG

 

 こちらは、Takamine Santa Fe。ホームページ掲載前の貴重?な写真です。

Santa Fe.JPG

ここ数年、教師の不注意で食物アレルギーの生徒が食べるべきではないものを食べて問題となっているが、

このニュースで昔の数少ない記憶のひとつが蘇った。

 

幼稚園の頃、昼食の時間に皆でお弁当を食べていると、ひとりの結構体格のいい女の子が、

リンゴを食べた途端に椅子ごと後ろにひっくり返って泡を吹いた。

結構、衝撃的だったので記憶に残っていたようだ。

 

今まで記憶にはあったのだが、考えてみるとこれも食物アレルギーだったのではないか。

その後、その女の子がどうなったのかは記憶にないし、教えてもらえたのかも怪しい。

山下町(JR石川町駅からすぐ)に6月1日にOPENしたアースリーパラダイス(通称アスパラ)。

昨夜、そのアスパラに行って来ました。

 

アスパラのオーナーにはSPRUCEのライブをプロデュースして頂き大変お世話になっているのですが、

未だに店舗に出向いてお食事をしていなかったので、ここらでと重い腰を上げました。

 

ここアスパラは美味しい食事と上質なライブが楽しめるダイニングバーで、六角橋にあるココペリ亭の姉妹店。

車も多く行き交い人通りも多い場所に店舗を構えており、ネオンサインも目立つのでわかりやすい。

 

昨夜はライブイベントが無かったので、食に集中。

メニューはどれも美味しそうだったのですが、今回はチリビーンズのペンネをトライ。

これが香ばしくてかなり美味でした。

 

ただ、周りから他の客が食べている料理の香りが鼻を擽り、覗いてみると更に美味しそう。

次回はこれを食べたい、あれも食べたいと思いを巡らしておりました。

 

尚、SPRUCE主催の6月15日(土)のSatchikaさんのライブの会場は、ここアスパラになります。

皆様、アスパラでお待ちしておりますので、是非お越し下さい。

 

  Facebook  http://www.facebook.com/motomachi.divine

 

 アスパラ表紙.bmp   アスパラスケジュール6月.bmp

6/4(火)の豪州戦で、日本代表のワールドカップブラジル大会一番乗りが決まりました。

しかも、ホームで初めて決めたのは嬉しい事です。

歴代最高と言われるチームでも、出場が決まる試合は難しいんですね。

見てて豪州が強いというより、日本の選手が緊張しているのを感じました。

 

その中で日本のゴールを決めた本田選手。

特に試合前の彼の目が、印象的でした。

あの眼は今年引退したかつてのモーグル日本代表の附田選手が、

何かの大会で滑走前に見せた目と似ていました。

集中して飛び出さんかと思うように見開いた眼。

そこまで極端ではなかったのですが、本田選手も同じような目をして

集中していると感じました。

3月にハワイで買い付けたG string3本の内、2本が売れました。

G stringはハワイでも置いているお店が少なく、まして日本では入手困難。

そこで、7月位に今一度ハワイでの買い付けを検討しております。

乞うご期待。

1