その他の最近のブログ記事

はじめてのウクレレ 購入のポイント

楽器の良し悪しは使用している木材の質(音質・音量に影響)、
フレット(指板上にある金属棒で音程を変えるもの)や
ペグ(弦巻き)に加えいかに弾きやすいか?
このすべて良い条件がそろっていないとせっかく買っても楽しくなくなり
続かなくなってしまいます。

そのためには様々な種類や沢山のメーカーの楽器を念入りに調べ、
知識ある人に相談すれば良いのですが中々そんな時間もありません。

そこで私たちは専門家として貴方様の楽器選びをお手伝い致します。

上級者やプロが使用する楽器に加え、今回入門用のシリーズを厳選してご案内致します。

価格はお手ごろに設定しつつ、愛器として永く使えるよう、また上級者も満足できるよう、
弦にまでこだわって仕様変更を施しました。

さらに今日からすぐ使えるようケースやチューナー(調弦器)まで
すべてセットにしてのお届けです。良い楽器もメーカーによって個性が違います。

数種類を店頭にそろえてありますので先ずは触って音色を聴き、
貴方様の琴線に触れた機種をお選びいただけるようにしました。

これらはすべて手作り新品で一本ものという楽器もあります。

どうぞ在庫お問い合わせの上ご来店下さい。

ウクレレ選び

<サイズ

まずサイズを知りましょう。基本的には大中小3つのサイズがあります。

ソプラノ:
最もスタンダードで基本となるサイズです。
歌って弾くタイプでまず一本目目はこれです。
コンサート:
ボディが一回り大きくなり、ネックも長くなります。
ウクレレにハマッた!と言う方の2本目になります。
またギター経験者や指の長い人、ソロを弾きたい方の一本目にもよいでしょう。
テナー:
コンサートより一回り大きくなり音量も増し低音も深くなります。
その分重量も増えます。グループでのバッキングからソロで威力を発揮します。

<材質>
選択1:
ハワイの楽器ですのでボディに使用する木材もハワイ産(コア材)が
当店ではここは外せません。コロコロと乾いた明るい音色が特徴です。
多くの 1万円以下の楽器はベニヤ板です。
選択2:
ボディ材をマホガニー やわらかく温かみのある音色ですが抜けもいい感じです。
低音から高音全体のバランスが良く安定しています。
マイクの乗りもいいのでライブやレコーディングに適しています。

<弦巻き(糸巻き)>

安く玩具的なウクレレはまずここが弱く、調弦しづらかったり弾いていて狂いやすく、
結果やる気を削いでしまう元凶です。当店では糸巻きタイプよりギターのような
機械式巻きを中心にご用意しています。
モノによっては特注で機械式に交換して販売しているくらいこだわっています。

1